スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応募者増加率、過去最高=民間採用抑制が影響-国家公務員I種(時事通信)

 人事院は23日、各省庁の幹部候補である国家公務員I種の2010年度採用試験申し込み状況を発表した。応募者数は前年度比21.2%増の2万6888人で、現行のI種試験が始まった1985年度以降、過去最高の増加率になった。人事院は「経済状況の悪化による民間企業の採用抑制が影響した」とみている。 

【関連ニュース】
「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多
天下り指定席、調査対象拡大=新規採用大幅削減案も
2割削減の道筋、6月にも=国家公務員の総人件費で
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員

<足利事件>遺族に警察担当者が謝罪(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>ネット競売で借金300万円 警察に父相談(毎日新聞)
新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)
森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)

「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん(時事通信)

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】2011年に国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在が予定されている宇宙飛行士古川聡さん(46)が16日朝(日本時間同日夜)、ヒューストンのジョンソン宇宙センターで訓練を公開した。
 08年から同センターなどで訓練を始めた古川さん。16日の訓練では、ISS内に設置されているロシア製のトイレを改良したものについて、使い方やメンテナンス法を真剣な表情で学ぶ姿が公開された。
 水は宇宙では極めて貴重な資源だが、この改良トイレなどを使えば、尿を飲料水に変えることも可能という。
 古川さんは「宇宙では水を有効利用しないといけない。訓練は忙しいが充実しており、不安はない」ときっぱり。ISSにいる山崎直子さん(39)と野口聡一さん(45)については「2人の活動を見て、とてもうれしい。自分も訓練を積んで良い仕事をしたい」と意欲を見せた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
コンテナをシャトルに収納=山崎さん、主要任務終了
こちらのシャトルは現役続行=北九州市〔地域〕

JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
露大統領「領土問題から逃げない」(産経新聞)
気勢上げる小渕さん…八ッ場ダム推進町長再選で(読売新聞)
<山崎宇宙飛行士>ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ(毎日新聞)
「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)

「お金を出してください…。強盗です…」気弱すぎる36歳男、自ら警察に出頭(スポーツ報知)

 「お金を出してください…。強盗です…」。脅迫のセリフが「です・ます口調」という弱腰のコンビニ強盗が現れた。

 大阪府警平野署によると、強盗容疑で逮捕されたのは、大阪市平野区の無職・槙新一郎容疑者(26)。同容疑者は9日午前4時25分頃、同区内のコンビニエンスストア「サンクス大阪加美北8丁目店」で、男性アルバイト店員(21)にナイフを見せて「です・ます口調」で脅迫?した。レジから出した売上金約3万5000円を店員が手渡すと、ママチャリで逃走した。店内に客はなく、店員にけがはなかった。

 細面で細身の「気弱そうで、コンビニ強盗なんてしそうにない男」(捜査関係者)という槙容疑者は、ママチャリに乗ってコンビニへ。当時、レジ奥のストックにいた店員は、防犯カメラで存在を確認した。その後、気配がなくなったので「トイレに行ったのかな」と戻ってみると、レジ前に立った同容疑者が刃渡り6・5センチの切り出しナイフで「お金を出してください。強盗です」と脅してきた。店員は、黒いダウンジャケット、白のニット帽、黄色のマスク姿だった槙容疑者の特徴を通報の際に告げると、約10分後に通報通りの男が平野署に姿を見せた。

 槙容疑者は「怖くなって署に行きました」と供述。動機を「1年前から無職で、両親と暮らしており、親から『働け』と言われた腹いせにやりました。小遣いほしさにやりました」と明かした。 捜査関係者は「丁寧な言葉遣いの強盗犯なんて今まで聞いたことがないが、(犯行の)決意のない犯人ならあり得る話だ」と語っている。

 【関連記事】
です・ます 大阪府警 平野区 を調べる

「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)
3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)
1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
<チリ大地震>津波に6割避難せず…内閣府など調査(毎日新聞)

新しらせ、南極から帰る=海自乗員の家族ら出迎え-東京(時事通信)

 海上自衛隊の砕氷艦である新南極観測船「しらせ」(約1万2500トン)が約5カ月間にわたった昭和基地沖への初航海を終え、9日午前、東京・晴海埠頭(ふとう)に到着した。観測隊員は3月中旬にシドニーで下船、一足先に空路で帰国しており、海自の小梅三津男艦長以下約180人の乗員が家族らの出迎えを受けた。
 しらせは昨年11月10日に晴海埠頭から出航。昭和基地沖へは、氷が例年の2倍の厚さだったため、約1週間遅れの今年1月11日に接岸。2月3日に帰途に就いた。観測隊は短い南極の夏の間に、9年ぶりに隕石(いんせき)を大量採集するなどの成果を上げた。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~

平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」(読売新聞)
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に(医療介護CBニュース)
徳之島、地元同意なら容認も=「与党の自覚ある」-社民党首(時事通信)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
遼くんみたくなれるかな? 久月がオリジナル五月人形を製作(産経新聞)

980人が黙祷 JR西の入社式(産経新聞)

 事故から5年を迎えるJR西日本でも、大阪市北区の本社で入社式。980人の新入社員が出席し、犠牲者へ黙祷(もくとう)がささげられた後、佐々木隆之社長が「新しいJR西日本をつくるんだという気概を持って『考動』してほしい」と訓示した。

 同社では、脱線事故で歴代社長3人が強制起訴されることが先月決まったばかり。新入社員の葛西真志さん(25)は「多少不安に感じることはあったが事実と受け止め、社員として業務をこなすことで信頼回復に取り組んでいきたい」と話した。

公立・私立高「格差」残る…授業料無償化法成立(読売新聞)
<普天間移設>政府案の調整4月にずれ込み 官房長官見通し(毎日新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し-与謝野、平沼氏ら(時事通信)
日本の森と水、むさぼる外資 埼玉や山梨でも買収打診 取引、10年前の倍以上(産経新聞)
民主党 参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も(毎日新聞)
プロフィール

ふかせやすゆき

Author:ふかせやすゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。